2011年 観劇一覧

映画を観た後はtwitterに感想をpostしています。
エルモアイコンの後に続く文章は、その時の内容をコピペしたものです。


1月1日 キック・アス KICK-ASS
キック・アス観た。アクションのかっこよさが抜群。おもしろかった!ばかばかしい話の中にいきなりシリアス展開とかもうなんかなーw 好き好き。もっと感想書きたいけどネタバレしてしまうので自重する。あ、予想以上に暴力血みどろシーンが凄かったので苦手な人は控えた方がいいかも。

1月11日 シチリア!シチリア! BAARIA
「シチリア!シチリア!」観た。イタリア映画の明るさって朗らかでいい。フィルムを眺めるシーンは思わずニンマリしてしまったり。上映時間が長かったけど飽きず疲れず観られた。でもラストが理解できず今でも「???」。タコの料理(?)が印象的だった。あれ怖いよー。

2月13日 パラノーマル・アクティビティ2 PARANORMAL ACTIVITY2
「パラノーマル・アクティビティ2」観た。この手の続きものはこういう展開になっちゃうよね〜…という想像通り。悪質な演出にイラっとした(日本だけ?アメリカでもあんな風にやったのか?)怖いシーンあったけど前作ほどのドキドキ感は得られず。一番驚いたのはほぼ満席だった事。

2月15日 グリーン・ホーネット IMAX 3D THE GREEN HORNET
「グリーン・ホーネット」観た。話・ギャグ・アクション…中途半端で観てて疲れた。私のワースト映画ランキングに入る酷さだったけど一緒だった人は「超おもしろかった!」と目をキラキラさせていた。この温度差は何だ。まあ、周 杰倫は堪能できたのでいいや。

2月16日 GANTS
昨日「GANTS」観た。意地悪いニノ良かったし、星人はかわいいのに怖くてw初めの方展開が読めなくてどきどきした反動、後半退屈だった。原作はきっとおもしろいんだと思う…そういうものだよね…。それにしても松山ケンイチはどんどんいい男になっていくねえ。

2月18日 フィールド オブ ドリームス Field of dreams
午前十時の映画祭で「フィールド オブ ドリームス」観た。子供の頃レンタルで観た映画を、改めて大スクリーンで観られるというのは嬉しいよね。素晴らしい企画だと思う。

2月18日 RED
「RED」観た。年老いても彼らのようで在りたいと思う。おもしろかった。

2月22日 幸せの始まりは How do you know
「幸せの始まりは」観た。意味不明だった。

4月2日 攻殻機動隊 S.A.C SSS 3D
「攻殻3D」観てきた。SSSは何度観ても楽しめるねー。3D化する意味あんのかね?って思ってたけど電脳化してネットに潜った世界はこんな風なのか…という感覚を味わえた。遥かに予想超え。(バルト9がもう少しいい劇場だったらもう1度見に行きたいと思えるんだけど…)

7月1日 羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs
TOHO赤シリーズで「羊たちの沈黙」観た。家で何度も観たけど、スクリーンで観るとレクターとの対面…あんなに緊張感あったんだ…ってゾクゾクした。目が離せなかった。脱獄して警官の死体を飾るあのシーンは…何度観ても恐怖というより芸術性を感じる…不謹慎かな (; ^ω^)

7月1日 ブラックスワン Black Swan
「ブラック・スワン」観た。細かい音を存分に活かしてるのはすごいな。複雑な人間模様、内に秘めた自分との葛藤のようなもの、美しさの中にある狂気。このギャップがたまらんです。ナタリー・ポートマンの演技、美しさ素晴らしかった。バレエ興味なかったけど、今度行ってみようかな。

7月2日 スーパー8 Super8
「Super8」観た。いいですね、こういうベタなストーリー展開好きだよ!ラストはちょっと…うるっと来た。エンドロールも遊び心があっていいね。。ただ『「ET」「スタンドバイミー」を倍増させたような』ってCMのキャッチはどうかな。私は「グーニーズ」っぽい印象だったけど。

7月10日 英国王のスピーチ The king’s speach
「英国王のスピーチ」観た。観てよかった、と心から感じた。ローグとの出会いがあってこその作品であり、彼とジョージ6世の関係性も興味深いけど、エリザベス王妃の存在は大きいねー。あんな奥さんになりたいね。ジョージ6世の娘に作り話聴かせるシーンも好きだな。もう、皆好き。

9月30日 トランスフォーマー ダークサイドムーン IMAX 3D
Transformers: Dark of the Moon
やっとこ「トランスフォーマー」IMAXで見てきた。シリーズも3作目になると退屈になりがちだけど、思ったより楽しめた。あれこれ詰め込み過ぎ感は否めないけど、オプティマスさんが相変わらずかっこよかったのでいいや。ただヒロインの不細工さでマイナス。

10月1日 探偵はBARにいる
「探偵はBARにいる」。前半の笑いを交えたところから、退屈だった。銃とか出てきちゃった時点でテンション底辺。良いシーンなかったかなあと考えても、思い出せない。期待値がおおき過ぎたのかも…うーん、DVDレンタルして家で見ても良かったなあ、という感じ。

10月10日 はやぶさ/HAYABUSA
「はやぶさ/HAYABUSA」。2時間越だけど退屈せず。専門用語や”今の状況は?”が字幕で出るのが親切。努力の積み重ね、諦めず考え続ける力、熱意…日本人の底力がここにある。是非観てほしい。子供達には糸川氏の言葉「失敗は”成果”」を心に刻んでほしい。最高傑作。

10月14日 ミケランジェロの暗号 MEIN BESTER FEIND / MY BEST ENEMY
「ミケランジェロの暗号」。話は分かりやすく、コミカルで観やすかった。あと軍服スキーにはたまんないね (*´Д`*)。内容はシンプルだから誰でも楽しめると思うけど、歴史的背景(特にナチスについて)ちょっと知っておくと尚いいかも。非常に満足。観に行けてよかった。

10月22日 キャプテン・アメリカ(2D) CAPTAIN AMERICA:THE FIRST AVENGER
「キャプテンアメリカ」。あの盾がないとキャプテンやられてたよね?w なんて事思いながら見てました。うーん、この映画に関しては一番言いたい事がネタバレになってしまうので、感想書くの難しい^^;

10月29日 ニュー・シネマ・パラダイス NUOVO CINEMA PARADISO
ニュー・シネマ・パラダイス:トトがスクリーンを観ている時に、私もスクリーンを観て、彼と同じように涙した。何度観ても、優しい気持ちで胸いっぱいになる素敵な映画。大好きです。

11月10日 ステキな金縛り
ステキな金縛り:飛ばしはいいんだけど、どんどん気持ちが冷めていく。見終えて残るのはものすごい疲労感。(この映画における)深津絵里の演技がブリブリしてて気持ち悪い。かわいいし好きなんだけど、これは受け付けられなかった。演出にガッカリ。

11月23日 マネーボール MONEYBALL
マネーボール:実話ベースの映画ってちゃんとスパイス効かせないと「ふーん」で終わっちゃう。スポーツ特有の熱気に助けられているが、まだ薄い。理論展開したかったのかドラマチックにしたかったのか…家族の件もそうだけど中途半端過ぎて残念。でもブラピはいつ見ても素敵だ。

11月27日 パラノーマル・アクティビティ3 PARANORMAL ACTIVITY3
「パラノーマル・アクティビティ3」観てきた。シリーズの中で表現が一番派手で、ひどく驚かされた。リビングに設置したあのカメラ、考えたね!あれがなかったら「相変わらずコレか」ってなっちゃってたかな。いやしかし怖かった!怖かったので後半少し目をつむってた ;´Д`

12月1日 50/50
「50/50」観た。ガン宣告された主人公が…なんて重たい話なのだろうと思ったら笑い多めのちょいうるる映画。「生とは?死とは?」みたいな説教臭さも無い。普段通りの主人公と友人の関係がとても良いんだよね。ニヤっとなる。ジョセフどんどん良い男になってくな。

12月12日 ミッション:8ミニッツ SOURCE CODE
やっと「ミッション:8ミニッツ」観たよ。主人公も観客も「俺は誰ここはどこ」状態から始まるんだけど、緊張感の伝え方と、徐々に状況が明らかにされてゆく話の進め方が実に巧い。夢中で鑑賞し、あのラスト…やられたw もっと観たいし、周りに勧めたい。なんかもう色々見事。

12月17日 タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密(IMAX 3D) THE ADVENTURES OF TINTIN THE SECRET OF THE UNICORN
タンタンの冒険:テンポのよいコメディ。タンタンとスノーウィ、船長の掛け合いがおもしろい。映像は実に綺麗でなめらかだけど、3Dである必要はない、という感じ。字幕より吹き替えの方がいいかも。ところでタンタンってジャーナリストなんだね。年齢不詳。びっくりフジツボ。

12月22日 friends もののけ島のナキ(3D)
「もののけ島のナキ」3Dで観た。なめらかでキレイな映像にびっくり。立体映像の良さもちゃんと感じられたし◎。ストーリーはちょっと切なくて、涙ぽろり。不器用だなあ…ちくしょうめ(´;ω;` 香取慎吾の声はうるさいかなーって思ったけど、はまってる。いいね。

関連記事

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>