2012年 観劇一覧

映画を観た後はtwitterに感想をpostしています。
エルモアイコンの後に続く文章は、その時の内容をコピペしたものです。
しかし、2012年は全然観てないな〜。



1月22日 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル MISSION: IMPOSSIBLE – GHOST PROTOCOL
トムの悪戦苦闘っぷりが今回もおもしろかった。ドバイのアクションシーンはどきどき。シリーズはこれで終わりなんだろうか。不思議と、この作品は続編があっても嫌じゃない。

2月23日 おとなのけんか CARNAGE
他人の口論って実に滑稽w 愉快な映画。子供のケンカの話し合いから話題はどんどん横道に。対立は夫婦vs夫婦、時に女vs男へ。静かだった室内が喚き合いでめちゃくちゃ。舞台の全てが同じ部屋(家)というやり方も上手い。映画で笑いたい人はこれを、ぜひ。

2月25日 はやぶさ 遥かなる帰還
技術者目線でもっと難しい内容にしてよかったと思うんだけどな。主観があっちいったりこっちいったりで落ち着かないし中途半端。はやぶさ帰還の話なのに胸熱にならなかったし、感動もしなかった。それってどうよ。んー、色々もったいない

2月27日 人生はビギナーズ THE BEGINNERS
なんつーかなあ。無味無臭って感じ。

3月1日 J・エドガー J. Edgar
仕事に生きる人って、寂しいというか孤独な感じするよねえ。万人受けする映画ではないけど、イーストウッド作品好きなら勧めたいな。ああ、ディカプリオも良かった。役者ってすごいね。

3月7日 ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵
長編だからねー。大幅カットの事は理解してたけど予想以上にまとまってた。要所をしっかり掴んでて初見の人も楽しめる内容なのでは。綺麗な絵でグリフィス様の美しさも際立ってた。作品ならではのグロさもちゃんとあって良い。早く続編が観たい!

3月10日 しあわせのパン
パンを半分こして一緒に食べる相手がいるって、とても幸せなことなんだなあ、という事に気づきました。”カンパニオ”、素敵な言葉ですね。心のトゲトゲがなくなる優しい映画。あと、観終わってパン食べたくなりますねw

【しあわせのパン感想訂正】確かに、最終的には大団円で心温まるストーリーだった。だけど、主人公とその夫の関係は、冷静に考えたら冷たくて、寂しい。最終的にはまあるく収まるんだけどさ、それまでの過程を考えると重たいわ。

3月14日 ヤング≒アダルト YOUNG ADULT
アル中(っぽい)女の妄想に振り回された94分。なんの苦行だったんだろう。疲れた。

3月15日 スター・ウォーズ EP1/ファントム・メナス3D STAR WARS: EPISODE I – THE PHANTOM MENACE 3D
このシリーズはわたしにとって特別な作品で、また劇場で観る事ができてとても感激。生きててよかった。

3月20日 TIME/タイム IN TIME
ガチのシリアスものかと…予告編にうまく騙されたね。設定が甘いのか狙ってるのか突っ込みどころ満載。だが、それがイイ!完成度は高くないけど、だからこそ楽しめる珍しいタイプ。主人公の目的がうまくすり替わってるのは見事。キリアンの役所も気に入った。

3月21日 アフロ田中
こんなに笑った映画って久しぶりだなー。いやーおもしろかった。いくつになってもバカばっかやってれる友達、いいな。そんな友がほしい。

3月22日 テルマエ・ロマエ
原作+オリジナルストーリーということで、どうかなーと不安だったけど問題なし。すごくおもしろかった!阿部寛の裸体も素敵だけど、平たい顔族のおじいちゃん達いいわーw

3月23日 ドラゴン・タトゥーの女 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
OPかっこいいね!でもサスペンスって割に話を楽しむより勢いにのったほうが面白い映画かな、と思った。エログロ耐性ある人向け。私にとっては大好物な作品になったけど、連れは途中寝そうになったとの事

4月18日 ヒューゴの不思議な発明 HUGO
「おもしろかったよー。絶対観た方がいいよ!」とは言えない。予告編にうまく騙されちゃった感じ。

4月25日 僕達急行 A列車で行こう
同じ趣味をもつ友人と大好きな電車トークを展開するシーンは楽しく、笑える。しかし、ほんわかだけでは終わらせない。失意の後にふたりで見つめる京急、いいシーンでした。森田監督、素敵な映画をありがとうございました。

5月1日 バトルシップ BATTLESHIP
バカだなあwww あっははは!ユニバーサル最高だよ大好きだよ!興奮止まらないんだ!

2月22日 幸せの始まりは How do you know
「幸せの始まりは」観た。意味不明だった。

5月3日 アーティスト The Artist

5月4日 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 THE IRON LADY

5月13日 劇場版 紙兎ロペ
独特の雰囲気は変わらず、とても楽しく観られた。小ネタがおもしろいんだよねえ。背景よかったなー。ただ、あの、最後のやつはどーなんでしょ。あれも笑いのひとつなの?それとも本当にそうなの?それによって評価が大きく変わる。

5月14日 裏切りのサーカス TINKER TAILOR SOLDIER SPY
スパイ、裏切り者探し…という単語で緊張感が半端ないんじゃないかと思ってたけど、そうでもない。淡々と。それがいいとこでもあるけど、難解だ!話を把握するのに苦労する。この映画に関しては、事前情報を得て観に行く事を強くお勧めします。

5月16日 ヘルプ The help

5月23日 孤島の王 KONGEN AV BASTOY
Transformers: Dark of the Moon

5月30日 私が、生きる肌 LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN
狂気越して変態。とことん平和的要素を排除している演出がとても気に入った。映画と内容が違うようなので、原作を読んでみたいと思う。印象的な音楽、インテリアや小物等・色使いが素晴らしい。ただ、暴力的要素が強いので苦手な人は観劇注意。

6月6日 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち
学生運動や何とか闘争など当時の映像を交えた作品で、こんな激しいことが日本で起こっていたのかー…と衝撃を受けた。その時代に生きていたら私は三島由紀夫に心酔するんだろうな、と映画を見つつ既に取り込まれている感覚。

10月14日 ミケランジェロの暗号 MEIN BESTER FEIND / MY BEST ENEMY
「ミケランジェロの暗号」。話は分かりやすく、コミカルで観やすかった。あと軍服スキーにはたまんないね (*´Д`*)。内容はシンプルだから誰でも楽しめると思うけど、歴史的背景(特にナチスについて)ちょっと知っておくと尚いいかも。非常に満足。観に行けてよかった。

6月16日 ロボット ENDHIRAN/THE ROBOT

6月20日 ダーク・シャドウ DARK SHADOWS
なにも語る事はありません。

6月20日 ブルース・ブラザース The blues brothers
いつみてもどんな時代でも、最高だよね、この兄弟。

6月21日 さらば復讐の狼たちよ 让子弹飞/Let the Bullets Fly
おもしろかった!ガチシリアスだと思ってたんだけど、笑ったw でも男臭さとアクションはしっかりとがっつり。チアンの目線がかっこいい。銃使いもよかった。ただ上映時間はちょっと長いかな。

6月23日 ネイビーシールズ
軍服銃器だけでハァハァできる私のような人なら楽しめるだろうね。作戦行動中のシーンはただのミリアクションとはダンチ。だが映画らしからぬ作品なのでストーリー性云々を求めるとがっかりするので注意。あとアメリカこそ正義!思考が苦手な人もアウト。

6月23日 ベルセルク 黄金期篇Ⅱ ドルドレイ攻略
キャスカが…かわいすぎる…。次回作予告の入り方がいい。遂にアレが始まるのか…と思うとゾクゾクする。早く観たい。ほんと、観たい。

7月25日 臨場 劇場版
俺のとは違うな〜、って感じだった。

7月31日 シャーク・ナイト
突っ込みどころが多いけど、なかなか楽しかった。あのエンディングがなければイマイチ…って言ってたかもしれない。一番驚いたのは、この作品が3D映画として作られている事だ

8月7日 I’M FLASH!
試写会でした。教祖様とか出てくるけど、難しい話ではない。理解し難い部分はおもしろく感じればいい。アクション◎。美しい沖縄の自然は見所の1つ。音の使い方、本当に良い。お気に入りの1本になった。

12月25日 エヴァンゲリオン 新劇場版 Q(3D)
うん…まあ、おもしろかったよ…?

関連記事

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>